プロフィール

フォトアルバム
呑み助

宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月24日 (金)

地酒新入荷

恋おまち。


Photo 
【秀鳳:純米吟醸 ¨恋おまち¨ 生酒】

遊んでるのぉ~sign02と思わせる文字(恋おまち)が印刷されてますが、

正真正銘こちらは酒米の名前なんです。

広島県で新しく開発された酒米で、

広島のシンボルである「鯉」と、

皆様に「恋」をされるようなお酒を作り出せるようにと

ダブルの願いを込め命名されました。



「おまち」というだけあって雄町系の酒米ですcatface

綺麗に磨かれた感満載で旨味艶やかですshineshine

雄町由来のコクがほんのりとドライな印象に感じましたbottle

2017年2月22日 (水)

地酒新入荷

生まれたてをそのんまま瓶詰。


Photo

【AKABU(赤武):純米酒 NEWBORN 生】

酒屋さんに買いに行ったところ

この武士と目が合う。

どんなお方(お酒)なの?とラベルを見るも表示は種類の純米酒のみ。

生なの?火入れなの?

酒屋さんに聞くと、

AKABUという文字の後ろに刀があるのがNEWBORN=生

刀がないのが火入れとのことで、この子は生酒。

Photo_2 
ニクイ演出にグッと心を鷲掴みされ

即購入。

酒屋さんも

「年々酒質が向上してきて、数年でここまできたのは

 この作り手さんは天才じゃないか?などとまで言われてるんですよ。」てな。




そう・・・

数年前に購入したことがあるのですが、

その時はそこまで印象に残るかっていうとそこまででもなく

無難に美味しい純米酒という印象。

が、

飲んでビックリ。

艶やかな旨味が弾みますnotes

赤ぶどう的ニュアンス(渋味や酸味)を感じるも それがまた良いアクセント。

武士にハートを射抜かれましたheart04

2017年2月10日 (金)

今日は本ハギ。

昨日はウマヅラハギ君。

で、

今日は本皮ハギ君が入荷です。

Photo


ね、顔の面長具合が違うでしょ。

本皮ハギ君は顔があまり長くないのです。


本皮ハギ君の方がレベル↑(上)的に言われておりますが、

人によってはウマ君の方が肝が旨いhappy02

ってなことも聞きます。

なので、同じ種なので

両方美味しいで良いと思いますhappy01

(吟子は平和主義者なのですhappy01happy01

2017年2月 9日 (木)

雪ってます。

Photo
思わず菊さんをUP(笑)

お燗で温まりたい衝動が吟子を誘惑しますbearing

この子(菊正宗)も勿論お勧めなのですが、

お魚君達をご紹介させてもらいますかねhappy01


まずは馬君(ウマヅラハギ)。

Dsc_0357
いや~面長具合が馬ってるねぇ~。


で、ワカサギ君。

Dsc_0360
塩焼き&天ぷらでご用意。

Dsc_0361
このアングルから撮ると、まるで泳いでいるみたいじゃないですか?smile


只今仕込み中の小肌君も◎

Photo_2
因みに本日は天草産。




さむ~いので小鍋なぞもいかがsign02

Photo_3
「牡蠣と白子の湯豆富~小鍋仕立て~」

味はポン酢で。

牡蠣は適度にしゃぶしゃぶ~っと。

剥きたて新鮮の生食用なのでレアでもscissors

白子は程良く鍋で泳がせてプクーッとしてきたらお召し上がりくださ~いspa




2017年2月 3日 (金)

地酒新入荷

Photo

【鳳凰美田】【十九】です。


美田さんは今回 吟醸仕込みの生酒「本吟 無濾過本生」。

甘味は純米吟醸生あたりと比べるとスッキリ軽め。

美田さんらしい豊かな香りはそのままに、気取らずスルスル楽しめるone本。


十九さんは「特別本醸造の生酒 ~紀~】。

甘味の球体が舌の上でツルリッと転がる感じで、

のち、酸味が上手く引き際をまとめ

スッと綺麗なフィニッシュshineshine

甘・酸のその見事なバランスは

ほんとに本醸造酒sign02eye と疑ってしまいそう。

(本醸造酒が悪いわけではないので誤解されませんよう・・・

 サラリ系の壱乃越州も大好きですし、

 〆張鶴「雪」は冷でも燗でも◎な懐の深さも有り難い限りですしhappy02

杜氏の名前の一文字「紀」入りのラベルは

意気込みを表している証拠でございましょー。

納得fuji

純酒肴 吟 のサービス一覧

純酒肴 吟