プロフィール

フォトアルバム
呑み助

宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

隠し撮り

Dsc_0205

Dsc_0206

Dsc_0208 

して怒られる(笑)







今日は鯖を捌いてましたー。

(シャレになってしまいましたが、わざとじゃーないです・・・

  あっsign03鯖は今日は〆鯖ですhappy01



本日の活〆ものは真鯛。

身は刺身・ごまづけ・焼霜造りに。

カブトは塩焼き・酒蒸しです。




と、

Photo_2
白エビさんも入れました。

こちらは天ぷら。

味は山椒塩でどうぞnote

地酒新入荷

まだまだ夏も健在ですsunsun





Photo
【千代むすび:純米 夏酒 無濾過原酒】

冷たさも感じられ香りも非常に爽やかさんbottle

ですが口に含むと一変、

とっぷり円やか、

且つ、

まったり芳醇なお米の旨味。

良い意味で夏らしくない。

ですが、

軽いお酒が好きな人ばかりでもないので、

こういうタイプもgood

2016年8月30日 (火)

地酒新入荷

maple秋酒maple続々入荷の候。






Photo_3
【惣誉:ひやおろし 生酛 特別純米】

この時期のものは熟成感が軽めですね~。

去年よりかなり酸が効いている感じです。

そのアクセントが飲み口をライトな印象にさせております。

けど・・・こういう子ってバケるのよね~と、

1口目より5分程おいてみたら

「ほらっ、やっぱり!!」

酸味が気にならなくなる程に丸みを帯びた旨味はポコッと登場です。

で、加えて 人肌(37度)位に温めてみますと、

より まとまり感UP まろやかで旨いしみじみ~テイストにcatface





Photo_2 
【黄金澤:山廃純米 生詰原酒 ひやおろし】

山ひやです。(=山廃のひやおろしです。)

ゴツさは無縁のこの子bottleも少し酸味あり子ちゃん。

なのでone合ゆったり冷たさを取りながら楽しむと

1口目と数口目の味わいの変化が面白いかと。

勿論 ぬる燗でも美味しいと思いまぁ~すhappy01

2016年8月29日 (月)

接近中・・・

グワンッと方向を変えてやってくる

ブーメラン台風typhoonという奴が接近中でございます。

今晩の日が変わる頃から

明日にかけ上陸sign02sign02sign02かもしれない・・・

あぁぁ~吟子が我が家に着くまでは

ちょっとフラフラ海上でゆっくりしていてくれぇ~

その点は神に祈るのみbearingbearing




さぁ~気を取り直して

smile&smile・お仕事&お仕事happy01





本日の是非もの君は

Photo_2
【活〆の天然ソゲさん】

※ソゲ=1kg未満の鮃


BOSS渾身の包丁捌きshineshine

Dsc_0191
からの、

Dsc_0192
からの、

Dsc_0196 
艶りと輝く美しい身 登場happy02

食べたしsign03(吟子心の叫び)



2016年8月26日 (金)

地酒新入荷

イメージは巨峰cat






Photo
【豊醇無盡たかちよ:~紫~ 扁平精米 無調整生原酒 うすにごり活性生】

長い名前に驚かれないで下さいませcoldsweats01

このお酒はこんな子ですよ~という酒蔵さんからの紹介状です。

扁平(とんぺい)精米とはお米の形に沿って削る磨き方で、

丸く削る通常の精米より

低精米でも心白部分を多く残し

雑味になるところを効率的に削ることができる精米方法。

無調整生原酒とは、搾ったまんまの生まれたてのお酒。

うすにごりは文字のまんま。

活性生はシュワシュワフレッシュshine





軽快な印象に感じさせてくれる発泡感。

新潟酒らしからぬ豊かな甘味。

そしてその中からほんのりと感じる麹っぽい風味。

あぁ~君は生まれたてだね~catface

なんて呟いてしまいそう。

夏には青、

春にはピンク、

大吟醸には気品ある黒。

と色に意味合いを持たせているこの蔵は、

この味わいに巨峰をイメージ。

ですのでラメ感ありつつの紫色、からの紫ラベルsmile

2016年8月25日 (木)

今日の豆子は朝掘りたて!!

※豆子(=枝豆)。



110619_161001
こちらを今朝とったものshineshine







活の刺身も勿論新鮮!!

Photo_2
【活〆マコガレイ】。

肝もとっぷりheart02

Photo_3

網代産の【ゴマサバ】も◎

ぐぅぅぅ~んと反っているのが活きの良さを表しているかのようlovely

Photo_4
こちらの【鯵】は、

お刺身を生姜醤油か、

酢洗いを山葵醤油で。



Photo_5 
BOSS一押しは【鰆の塩焼き】。

今回仕入れたのは1m程の大物なので

脂をしっかり蓄え美味、とのこと。

春が旬と思われがちですが、

大きいものは秋~冬のこれからが旬だそうです。

しっとりとした旨味満載の【鰆の塩焼き】。

是非是非~happy02

地酒新入荷

栃木小山の人気の佳酒bottle






Photo 
【鳳凰美田:純米吟醸 生詰】



今回入荷の美田さんは富山県南砺産の五百万石仕込み。

綺麗な甘味に美しい香り。

この安定的な味わいは何ともホッとするところ。

吟子は呑んでからの含み香の素晴らしさに特に感銘を致しました。

ワイングラスでシャレオツ(=お洒落)に・・・heart04

何てのもステキ。

グラスの口が薄く口が広いワイングラスは

香りも存分に楽しませてくれ、

且つ、

酒質を繊細に味あわせてくれますconfident

(ミーハーでワイングラスって言っているんじゃ~ないですよ。)

2016年8月22日 (月)

地酒新入荷

「秋・夏 入り乱れ」でテンヤワンヤ(笑)




冷卸しが到着致しましたぁー。

Photo
【陸奥八仙:特別純米 ひやおろし】

毎年ぶっちぎりの早さで入荷してくる陸奥さんは

やはり今年もone番着のone等賞shineshine





陸奥さんご出身の青森よりやや南下し

岩手からは夏の便りが・・・

Photo_2
【南部美人:夏酒 ~Breezy(ブリーズィー)~】

Breezyとは

「そよ風の吹く」とか「風通しの良い」とかいう意味らしいです。

造りは純米です。

爽やかさ満載ラベル。

喉越しも滑らかで軽い仕上がり。




と思ったら

通常仕上がりのお酒もひょこっと・・・

Photo_3
【十九:特別純米 生酒】

キュートラベルに目を奪われがちですが、

通常仕込みのこの子も素晴らしき佳酒heart04

ボリューム感ある甘味はジューシの極み。




てな訳で、

夏酒、秋酒、いつものお酒

色々出荷で

購入セレクトのセンスが問われる季節の変わり目。

吟子ソワソワですwobbly

2016年8月 9日 (火)

812と813

8月12日(金)と13日(土)。

このtwo日間、

日本酒お安いDAYイベントやりま~すribbon

 ・・・ 日本酒 全種 正1合 600円 ・・・ 







通常の(土)日本酒600円イベントは

1000円以上のお酒は少しだけ量を少なくさせていただき

120mlで1杯600円とさせていただいているのですが、

今回はほんまのほんま正1合で1杯全種600円。



休日明けだし

お盆前だし

スペシャルでいこーgoodとのBOSSの判断。

楽しまなきゃ損ですよ~upupup

主役はどちら?牛肉?薬味?

今週の目玉


Photo 
【牛の冷しゃぶポン酢】





Dsc_0203 
【夏野菜の南蛮漬け】



牛の冷しゃぶは名前の通り味はポン酢なのすが、

実はおろしポン酢仕様になっております。

と言いますのは、

牛しゃぶの横に大根おろしを添えさせていただいております。

かつ、

薬味も盛り盛りfulllovely

酒呑みたるや薬味で飲めsign03

とのBOSSの教えに習い(ウソ:笑)、

薬味の偉大さに敬意を払い

牛しゃぶにも添えさせていただいております。

ですので、

ポン酢をかけて、

大根おろし&薬味(大葉、みょうが)を適度に混ぜてお召し上がり下さい。

肉も好き、薬味も好き、

吟子には堪らぬ逸品ですnotenotenote



南蛮漬けもカラフルでステキ料理ですshine

パプリカの赤&黄は映えますね~。

味のしみたカボチャはほくっと間違えない味わい。

でもってビックリなのが、皮むき茄子。

中の白い部分だけを南蛮漬けにしたのですが、

紫色をしてないので、

試食時 全然分からず、蕪?梨?と頭グルグル。

茄子の皮は色が逃げやすいので剥いたんだ、

とのBOSS発言になるほど納得でございますcatface

純酒肴 吟 のサービス一覧

純酒肴 吟