プロフィール

フォトアルバム
呑み助

宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月23日 (木)

地酒新入荷

今回は火入れのお酒です。


Photo_4
【福小町:特別純米 雄町仕込み】

雄町は岡山産。

この子bottleは秋田産。





酸が高かったり、

味わい強めのお酒が多かったので

この子を買う時

「いわゆる美人さんタイプのお酒を下さい」

とお願いしたら

酒屋さんはこの子はsign02と。




火入れなので

¨メリハリジューシーキュンとくる甘さ¨

とはちょっとだけ違いますが、

お米ならではの素直な旨味が綺麗に雫に溶けだし

なかなかのものheart04



落ち着いて呑めるな~

と、しみじみconfident

2016年6月21日 (火)

今週の目玉って???

昨日から

「今週の目玉料理」

というものを始めてみまして、

お気づきになられた方もいらっしゃるかと思いますが

以前の「本日のおすすめ」と何が違うのsign02

というご意見もおありかと思いますので

ここでちょこっとご説明を。


毎日BOSSが仕入れてくる魚fishはその日その日で違うものなので、

「本日のおすすめ」ということで

ぐるなび内でご紹介させていただいておりましたが、

またそれとは別に

〇日~〇日までの1週間こんなお料理をご用意させていただきますsign03

というのが「今週の目玉料理」。

遊び心ありつつ、

こんな食べ方面白いねnotes的な感じで考えさせていただくつもりです。

吟という軸はぶれないよう、

そこは細心の注意を払いbombということで、

今週は

Dsc_0181 
【鱧のフライ 梅おろし添え】

【活つぶ貝の柚子胡椒バター焼き】

happy01 happy01 happy01 是非にheart04

2016年6月20日 (月)

地酒新入荷

今日はどこ行く?

Photo 
思わずそんな言葉を口にしてしまいたくなる

このラベルはズルいです(笑)

【十九:Andiamo(アンディアーモ) 無濾過生原酒 純米造り】

ホップで可愛いです。

半分ジャケ買い的要因もありますcoldsweats01(笑)

アンディアーモとはイタリア語でレッツゴーの意。

青リンゴを思わせる甘味と酸味のコラボレーション。

今期初リリース酒だそうでございます。


そしてこちらも かわずるラベル(かわずる=可愛さがずるいの略)

Photo_2 
【19:Le chat botte(ルシャボテ)無濾過生原酒 純米造り 瓶火入れ】

こちらはフランス語で「長靴をはいた猫」の意。

フロスティーのボトルが霧雨を思わせるようで、素敵×onezerozeroですhappy02happy02

こちらの方が線はスリム。

シュッとした酸味がキリッ後味を引きしめます。

2016年6月 7日 (火)

地酒新入荷

夏酒軍に領土(冷蔵庫)を奪われつつありますが、

夏酒以外の陣営(お酒)も負けてはおりませんdashdash

軽快な味わいでは物足りんのじゃ~sign03という方、

是非ものの1本が入荷致しました。




アタック強めpunch

Photo_2 
【黒牛:純米 中取り 無濾過生酒 原酒】

味あるな~

と思いながら盃を進めていくと、

穀物感を思わせる風味もちらり。

温度変化で訪れるコクの深みも楽しいところ。



軽快な味わいでは物足りんのじゃ~sign03という方、

ゆるりとその深みにはまってみては?catface

地酒新入荷

梨のような優しい香りも素敵ですnotes


Photo_2 
【車坂:~涼の純米酒~生酒】

するりと喉に滴り落ちる入りは比較的軽めで、

酸で軽快な印象。

2杯3杯と飲み進め温度が上がると、

旨味がひょこっと顔を出し、

軽いだけじゃない味わいも出て参ります。

ボトルの上のラベルにはさりげなく金魚が。

Photo

こーいう さりげない粋な感じも素敵ですnotesnotes

2016年6月 3日 (金)

BOSS発 「肉」

fish鮮魚fishに拘りを持ち営ませていただいている当店。

ですが、

揚げ物のカラッと感や、

〆にゅうめんのダシ感にも悶絶(sign02)していただいており、

BOSSの腕っぷりに感嘆符ばかりの吟子。

しかも魚のみならず肉料理も素晴らしきものlovely

そんなBOSSの肉料理、食べてみたくはありませんか?

【骨付き豚バラ肉の煮込み】

作りましたぁ~(BOSSが)

賄いでちょこっといただいたのですが、

箸でほぐれる柔らかさ。

味もじっくり入っており、

いつも以上に白米が進んでしまいました。

※写真は撮る機会がなかったので

 イマイチこの内容に迫力感が伴いませんが

 美味しいので是非 m(_ _)m

2016年6月 1日 (水)

地酒新入荷

ドライでキレキレッhairsalon



Photo_2 
【川鶴:~reverence(レヴァランス)~ 特別純米】

「everence(レヴァランス)」とは「尊敬」とか「敬意」という意味。


Photo_3
H28年度より杜氏体制から社員醸造体制に変わられ

醸造責任者をはじめ全員が歴代杜氏に尊敬と敬意をはらい

酒質の向上を目指し醸したプロトタイプ(=「原型」という意味らしいです。)

の特別純米酒。

(ラベルの裏をザックリとご案内)



喉越しシャープonezerozero

「かっこいい」

そんな言葉がピッタリのお酒ですbottle

純酒肴 吟 のサービス一覧

純酒肴 吟