プロフィール

フォトアルバム
呑み助

宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月25日 (月)

地酒新入荷

あまり生酒を造らない【澤屋まつもと】。

久し振りのnewアイテム発売

とのことで購入させていただいたのですが、

これまたびっくりな ¨燗で美味しい生酒¨ とのこと。

生酒なので冷蔵保存しておりますので、

まずは冷酒で飲んでみましたら、

旨味の中からギュンとパンチある酸味が登場。

お次はぬる燗で。

あら~ まぁるくまとまりましたねぇ~。

先程の酸味パンチはどこえやら。

生まれたての温かい旨味溢れるお酒になりました。

Photo_2 
【澤屋まつもと:純米生酒 枌ラベル】

Photo_3 
アップで撮ってみたのですが分かりますかねぇsign02

昔、お肉やお魚を包んでいたような木を薄く切ったものに名前を印刷し

ラベルにしているんです。

が、枌ラベル。

「へぎ」って読みますhappy01

2016年1月20日 (水)

地酒新入荷

Photo
お店で生けてあるボケの花。

只今満開でございますhappy01happy01



そしてこちらも甘味豊かに満開テイストbottle

Photo_2
【来福:純米吟醸 ~愛山~】

つるばらから分離した酵母を使っているとのことで、

なんとも伸びやかな香りが致します。

口に含み滋味を堪能lovely

飲み終えても

口中に漂う余韻も長~く楽しめます。

2016年1月19日 (火)

良く撮れました(^^)

Photo 
この写真catface

BOSSが仕入れから帰ってきて早々に撮らせていただいたone枚。

本日のおすすめの【活〆本皮ハギ】と【金目鯛】。



いやぁ~

最近のスマホは機能が良くてありがたねぇ~へへへsmile

な~んて、

いやいやsign03素材が良いからというのもあるのでございますsign03



生で見て、

ピカピカ艶やかなハギと金目ちゃん。



皆さんに「美味しい」って喜んでいただけるといいねheart04

2016年1月16日 (土)

地酒新入荷

Photo 
【結:純米吟醸 亀口直汲み】



味わいは至ってプュアheart04

紺色ラベルが男性感を醸し出しているけれど、

酒質はひじょ~に柔らか。

2016年1月15日 (金)

地酒新入荷

低精米+きもと造りの味わいは…sign02




Photo

【黒澤:純米80 うすにごり】

純米80=磨き2割、8割使用のにごり酒。

麹の風味がふんわ~り。

とはいえ甘味は少なめで食事とも合わせやすいタイプ。

2016年1月13日 (水)

地酒新入荷

Photo

【厳:特別純米 かめ口直汲み生】

微発泡。

目立ちすぎない華やかさ。

飲み口は雑味なくツツツーと喉を経過し、

「美味しいぃ~」

ではなく

「旨いsign03

と唸りたくなる味わい。

ど根性の直汲みシリーズdashdashdash

何が「ど根性」かと申しますと、

one本づつ手詰めのお酒なのでございます。

近代化の昨今。

機械で詰めたら早かろうに、何と丁寧な蔵元さんなんでしょう(涙sweat02

なので、厳は酒米違いで色々入れてます。

今回は華吹雪。

田酒の特別純米で使われている酒米です。

2016年1月 7日 (木)

2016年さいしょのぶろぐ

~新年明けましておめでとうございます~



さぁ~てっ、

さいしょのぶろぐは何について書こうかなぁ

と色々考えてみたのですが、

「白子」について書いてみようと思いました。

何で白子なんでしょう?

吟子も不明なところです(笑)



実家で白子を食す時、

吟父はツルリと冷たい「白子ぽん酢」を好み、

吟子は「燒き白子」を好みます。

いつも仲良く半分こ、というわけにはいかず

年功序列で5分の3が吟父。

5分の2が吟子。

(吟母は白子ngなのでここでは登場致しません・・・)

支度は吟子。

んんん納得いかないが、いかんせん仕方がない。

そんな「焼き白子」が当店でもメニューに登場shineshineshine

いいねぇ~そのぷっくり加減lovely

とろりと濃密な甘味が引き立つように塩はきつめで柑橘をキュッと・・・

と、

さも自分が食べるかのように想像しますが、

それはお客様のお料理。

ご提供させていただいた時には軽く塩をしておりますので、

そのままお召し上がりいただけます。

追加塩はお好みでご利用下さいませhappy01

純酒肴 吟 のサービス一覧

純酒肴 吟