プロフィール

フォトアルバム
呑み助

宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

この子もようやく参戦也!!

冬の陣~食材編~




生では辛いが、焼いたらとろとろっ。

¨生ツン焼きとろっ¨のこの子の季節です。

Photo

下仁田ネギさんで~す。




当店ではブツブツッと輪切りに切りまして、

熱々のフライパンでジュジュジュ~と炒めます。

ポイントは最後に入れる七味とごま油 cat 

で、

【下仁田ネギの七味炒め】の完成で~す。

Photo_2





毎年良く出ます。

本当に良く出ます。

出まくりですsign03





は言い過ぎかなcoldsweats01

2014年10月24日 (金)

にゃあ~cat


ここ最近のシトシト雨rainから一変、

何とも気持ちの良い晴天sunの本日。



さぁ~スカッと爽やかに本日のおすすめなどご案内してみよーと思いますhappy01



Photo

珍しいでしょ~

【うるめイワシ】のお刺身で~す。


干物のイメージが強いのですが、

旬の冬は脂がのって唯一新鮮なものはこの時期お刺身でも美味しいそうですheart04

漢字で書くと「潤目鰯」。

その名の通り目が大きく潤んでいるからだそう。





お刺身でも美味しいことや、

漢字でもこう書くんだぁ、

と色々勉強になるなぁflairと一人思う吟子であったcatface

2014年10月18日 (土)

地酒新入荷

ふぅぅぅぅ~wobbly

新入荷のご案内が間に合わない程、

続々と新しいお酒が入荷しておりまっすdashdash



まずは南のお酒をtwo本。

【美丈夫:純米吟醸 タマラベル 秋上がり】 高知県。

THE純米吟醸酒とういう凛とした感が良いですheart04

冷たさもノリノリで比較的軽やか。

するりっと飲めるタイプです。


【雁木:おりがらみ 秋熟 純米吟醸】 山口県。

オリはうっすらひじょぉぉぉぉ~に軽めです。

甘味を伴った綺麗な香りが印象的shine

雁木らしいコクも程好く、熟成感も重くなく中口タイプ。




最後は北のお酒を。

【村祐:茜ラベル 秋あがり 無濾過生原酒】 新潟県。

甘味が上手く演出さた旨口さんcatface

後味のキレも良いのでベタつくことなく美味しいです。

旨甘チャーミングタイプ。









明日は(土)、『吟』の日本酒の日sign03

上記も全てonesixzerozeroでご用意させていただきますsmile

2014年10月10日 (金)

地酒新入荷

キャーheart02heart02heart02heart02heart02





当BOSSが愛する酒米 「愛山」。

でー、

仕込んだ

左党を魅了してやまない「而今」が

届きましたぁぁぁぁー。


Photo_2 
【而今:純米吟醸 愛山 火入れ】


燃えるようなシックな赤いラベルは

愛山米の¨愛¨を表しているから・・・sign02

それとも

毎年この時期に出荷されるお酒なので

深まりゆく秋の中で木々達が紅葉する様を表しているから・・・sign02

なぁ~んて色々想像は膨らみます。






ふくよかで艶っぽい味わいは

無くなる前に必飲のone本かと・・・happy02happy02

2014年10月 9日 (木)

牡蠣5兄弟

さぁさぁ、そんなシーズンになりましたmaplemaple




夏の岩牡蠣が終わり、

秋刀魚が出始め、

衣かつぎに新銀杏・松茸等の山の恵みが賑やかになってきて、

ではではsign03と出番を待っていた真牡蠣が登場でございます。




今年はfive種のお召し上がり方でお楽しみいただこうかと

BOSS&吟子はご提案をさせていただきますflair




まずは定番の【生牡蠣】。

Photo_3


次いで【焼き牡蠣】。

Photo_4


そんでもって【蒸し牡蠣】。

Photo_5


初参戦は【昆布焼き】。

Photo_6
板昆布と共に焼き上げます。

絶妙な加減で焼いたミルキーな牡蠣の味わいに

昆布の風味が加わり

熱々を頬張りふぅ~と一息。

口中に豊かな滋味が広がり ワォheart04 な感じ。



で、大トリ的存在の【カキフライ】。

Photo_7
サクッとジュワっと・・・ lovelylovelylovely






どの子(どの料理)が長男で、どの子(どの料理)が末っ子なのかは

吟子もあやふやなところで(笑)

5兄弟ではなく

5つ子が正解かもしれませんねhappy01

2014年10月 8日 (水)

キャンデー?

Photo 
アルミホイルでクルリと包んだ ↑ 。





寒い時期ならではの滋味が丸まっておりますsmile


クルクルッとほどいてみますと・・・



じゃじゃ~んshineshineshine

Photo_2
中はアンコウのお肝様でございま~すhappy01

(あん肝ですcoldsweats01



熱が入るかsign02入らないかsign02超ぜつみょおぉぉ~な加減で蒸しあげているので

仕込んでも当日にはお出しできず、

翌日のご提供を余儀なくされる冬の逸品。




本日(eight日)に仕込みましたので、

明日(nine日)今季初デビューでございまっすnotenotenote

2014年10月 6日 (月)

鮪にマカジキに・・・

Photo
シマアジにブリに・・・

と今日も色々あるんです。

TOPページではご案内しきれなかったので、ブログにてhappy01



左から、

天然の生本鮪の中とろ。

マカジキ。

活〆シマアジ。

右が天然ブリの砂刷り(脂たっぷりの腹側のこと)。

2014年10月 3日 (金)

地酒新入荷

叫んで良いですか・・・?





だって、

だって、

だってぇぇぇ~

このラベル可愛い過ぎるんですもんsign03



Photo_2
【十九:poco a poco 生原酒】



サブタイトルのpoco a poco(ポコアポコ)とは

¨ゆっくりゆっくり¨という意味らしいです。



長野県産のひとごこちという酒米で造られているのですが、

等外米にて45%磨き(大吟醸レベル)なのに

普通酒のジャンルに分けられてしまいます。。。



もうこの見たまんまのチャーミングheart04でキュートheart04でラブリーheart04な味わいです。

(↑大興奮のあまり、表現方法が乱れました:笑)



華やかな香り。

そのファーストアタックから美酒の予感はムンムンですhappy02

多少甘く感じる方もいるかもしれません。(←ここは正直に言いますね。)

ですが、

飲み進めていくうちに

しっかりと効いてる酸味が後味にだるさを残すことなく

甘旨スッキリで旨いな~bottle

と心酔のひと時が訪れるのではないでしょうかねnotes

2014年10月 2日 (木)

食べ比べ

Photo 
本日の生牡蠣は、

左が大船渡の赤崎産で、

右が北海道の厚岸産の

two種類ご用意しております。



産地の違う其々の味わいを食べ比べも◎ではhappy01happy01happy01

2014年10月 1日 (水)

触ったらニュルニュル

Photo
この写真をとる時にまな板に置くべく

吟子、生の穴子さんと初めてスキンシップしました。

思いの外ムニュ~とニュルニュルしていて

「ひゃぁ~wobbly」と心の中で叫ぶも

写真を撮らねばsign03sign03

と、悲鳴を内に秘めました。。。



本日おすすめのこちらの穴子。

ブツブツッと5cm程の大きさに切って塩焼きでご用意させていただきます。





穴子さんと特徴をもう1枚パチリcameraと。

Photo_2 
丸い点々がいっぱいあるでしょ。

これが図り(今でいう物差し)のようだから、

ハカリメとも言われるんですって、穴子さんってsmile

純酒肴 吟 のサービス一覧

純酒肴 吟